• トップ /
  • 痛みの少ない矯正歯科の選び方

痛みの少ない矯正歯科を選ぼう

痛みの少ない矯正歯科の選び方

矯正歯科には痛くない治療もある

矯正歯科の選び方としては、まず実績のあるベテラン歯科医が在籍しているクリニックかどうかを調べます。また大人は歯を支えている骨に柔軟性がないため、子供の歯列矯正よりも大きな痛みが出やすくなります。大人の場合は、歯周病などが矯正歯科で発見されることがあり、矯正以外の治療が必要になる場合もあります。そのためクリニックの選び方として、どこまで保険が利くのか、自由診療の場合は費用がいくら必要なのかを、前もって聞いておくことが大切です。また矯正歯科の選び方として、痛みのない最新の矯正装置を使っているかどうかも調べる必要があります。従来の金属ブラケットは歯の表側に接着しますが、その他、ワイヤーとブラケットの摩擦力や痛みが少ないタイプや、ワイヤーを使わないワイヤレス矯正もあります。矯正歯科によっては、歯の裏側に装着する舌側矯正なども行われています。どの矯正装置にするかは、歯科医の判断と患者の希望によって決まります。例えば女性であれば、審美ブラケットと呼ばれる透明感のあるブラケットが好まれており、矯正歯科でも推奨しています。この審美ブラケットは非金属製なので、金属アレルギーがある人でも安心して使用できます。

↑PAGE TOP